• twitter
  • facebook
  • line




バスタードソードは中途半端な長さの剣だ。

ショートソードと比べると幾分長く、細かい取り回しに苦労する。ロングソードと比較すればそのリーチはやや物足りず、打ち合いで勝つことは難しい。

何でもできて、何にもできない。そんな中途半端なバスタードソードを愛用する俺、おっさんギルドマンのモングレルには夢があった。




それは平和にだらだら生きること。

やろうと思えばギフトを使って強い魔物も倒せるし、現代知識でこの異世界を一変させることさえできるだろう。だけど俺はそうしない。ギルドで適当に働き、料理や釣りに勤しみ……時に人の役に立てれば、それで充分なのさ。

これは中途半端な適当男の、あまり冒険しない冒険譚。



























モングレル

本作の主人公。ブロンズランクのギルドマン。仕事も趣味もほどほどに、目立たず楽しく生きることが信条。


ライナ

モングレルの後輩ギルドマンで"アルテミス"のメンバー。新人の頃モングレルに助けられたことがきっかけで懐くようになる。


ウルリカ

"アルテミス"のメンバーの1人。フレンドリーな性格で、ライナを通じてモングレルと知り合い仲良くなる。実は男性。








~メロンブックス特典SS~



~ゲーマーズ特典SS~








  • 春だ! 祭りだ! タダ酒だ!

    厳しい冬が終わり、春が近づく頃。レゴールの街はにわかに活気づいていた。その理由はもちろん、春の風物詩である『精霊祭』の開催が目前に迫っているから。精霊祭は街中がスライムで飾り付けられ、他の街から観光客や行商人もわんさかやってくる一大イベントだ。レゴールで平穏に暮らすモングレルも精霊祭には毎年欠かさず参加している。なぜなら、街の領主が気前よくタダ酒を振る舞ってくれるのだ! そんなわけでタダ酒とクラゲ料理を楽しみにしていたモングレルはある日ライナから「私も祭り、一緒に回っていースか?」と誘われて――!?

    • 発売日 :
    • サイズ : B6判
    • 定価 : 1,430円(本体1,300円+税)
    • ISBN : 9784047376724
  • ほどほどに戦いよく遊ぶ、これが理想の異世界生活

    バスタードソードは中途半端な長さの剣だ。ショートソードと比べると幾分長く、細かい取り回しに苦労する。ロングソードと比較すればそのリーチはやや物足りず、打ち合いで勝つことは難しい。何でもできて、何にもできない。そんな中途半端なバスタードソードを愛用する俺、おっさんギルドマンのモングレルには夢があった。それは平和にだらだら生きること。やろうと思えばギフトを使って強い魔物も倒せるし、現代知識でこの異世界を一変させることさえできるだろう。だけど俺はそうしない。ギルドで適当に働き、料理や釣りに勤しみ……時に人の役に立てれば、それで充分なのさ。これは中途半端な適当男の、あまり冒険しない冒険譚。

    • 発売日 :
    • サイズ : B6判
    • 定価 : 1,430円(本体1,300円+税)
    • ISBN : 9784047374416