「異端の神言遣い2 俺たちはパワーワードで異世界を革命する」作品情報

書籍情報

異端の神言遣い2

俺たちはパワーワードで異世界を革命する

獣人が住む街、ボルスモルで――「お兄ちゃんって、呼んでもいいですか?」

"異端者"として目をつけられ、ランドベルズを飛び出した駿介たちが次に向かったのは、獣人が治める街ボルスモル。種族の壁なく旅人を受け入れる、穏やかなその土地で駿介は、"異端者"として危険視されている黒猫の獣人ミアと出会う。周囲から嫌煙され、常に怯えた表情でいる彼女を見過ごせずに救いの手を差し伸べた駿介は、その日から急激にミアに懐かれてしまい!? 一方その頃、街の中では子供たちが行方不明になる事件が頻繁に起こるようになっていた――。ルール無用の異世界革命ファンタジー第二巻!

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 本体730円(税別)
  • ISBN : 9784047347205
  • twitter
  • facebook
  • line

応援メッセージ

ニックネーム必須

ニックネームを入力してください。

メッセージ必須

メッセージを入力してください。

メッセージに不適切な言葉が含まれています

※応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。
※個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは帯や販促物に使わせていただく場合もございます。

ページTOPへ戻る