「いつかのクリスマスの日、きみは時の果てに消えて」作品情報

書籍情報

いつかのクリスマスの日、きみは時の果てに消えて

彼女を選べば、彼女は死ぬ――残酷な運命の選択肢で、選ぶべきものは――!

悠太の体内には不思議生物ニムエが棲んでいた。同じようにニムエを飼っていた同級生の恵と仲良くなったことから、悠太はニムエを使って過去に戻る方法を発見する。この力で街を襲った大災厄の回避と、亡くなった恵の幼馴染みの救出を計画する悠太たち。計画は順調に行き、上手く過去を変えられたと確信した悠太の前に、銀髪の少女が現れて告げた「恵は亡くなった」と……! 片方を選べば、片方が死ぬ。突きつけられる運命の選択肢で選ぶべきものは――!

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 本体580円(税別)
  • ISBN : 9784047348899
  • twitter
  • facebook
  • line

応援メッセージ

ニックネーム必須

ニックネームを入力してください。

メッセージ必須

メッセージを入力してください。

メッセージに不適切な言葉が含まれています

※応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。
※個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは帯や販促物に使わせていただく場合もございます。

ページTOPへ戻る