「海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと」作品情報

書籍情報

B6判海辺の病院で彼女と話した幾つかのこと

彼は語る。あの病のこと、そして戦いの結末を――。

上原蒼は海辺の病院を訪れる。
かつて、彼もここに入院していた。突如として謎の奇病に冒されたかつての仲間たちの殆どは死に絶え、生き延びた者たちもいまだに退院できていない。
蒼は”あの日”起こった出来事を思い出し、語る。とある地方都市に蔓延した、大人が死に至り、子供に力が宿る病のこと、そして戦いの結末を――。

  • 発売日 :
  • サイズ : B6判
  • 定価 : 本体1,200円(税別)
  • ISBN : 9784047351639
  • twitter
  • facebook
  • line

応援メッセージ

ニックネーム必須

ニックネームを入力してください。

メッセージ必須

メッセージを入力してください。

メッセージに不適切な言葉が含まれています

※応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。
※個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは帯や販促物に使わせていただく場合もございます。

ページTOPへ戻る