「多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う」作品情報

書籍情報

多分僕が勇者だけど彼女が怖いから黙っていようと思う

――僕は、魔王より怖い存在を知っている

「貴方こそ勇者様です!」王都から来た聖女はそう決めつけてくるし、聖剣を名乗る棒きれの声も聞こえてくる。けど僕は単なる村人で、僕のことを常に気遣ってくれるけど魔王より怖い幼馴染みのアリアと幸せになるのが人生の目標なのだ。それなのに聖女と聖剣は強引な手段で僕を勇者にしようとするし、神託を聞きつけた魔物まで村に押し寄せてきて――!? 幼馴染みのために勇者になりたくない少年は幸せを掴めるのか!? 希代のファンタジーラブコメ開幕!

  • 発売日 :
  • サイズ : 文庫判
  • 定価 : 本体640円(税別)
  • ISBN : 9784047353909
  • twitter
  • facebook
  • line

応援メッセージ

ニックネーム必須

ニックネームを入力してください。

メッセージ必須

メッセージを入力してください。

メッセージに不適切な言葉が含まれています

※応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。
※個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは帯や販促物に使わせていただく場合もございます。

ページTOPへ戻る