「迷宮都市のアンティークショップ3」作品情報

書籍情報

迷宮都市のアンティークショップ3

迷宮都市最大の危機を救うのは――鑑定士!?  “百鬼夜行”編、決着!

「儲け話がある」とトリスタンが切り出した。依頼人は幼い少女。亡くなった父の形見を取り戻して欲しいと言うが――【少しだけ煤けた瑪瑙の指輪】。休日、ケーキバイキングを楽しむソアラの前に出された付与道具とは……【生クリームのついた小剣】。アンデッドであふれたダンジョンで、アネモネはデュラハンと化した兄と対決する。フジワラも、元凶となった“屍者のオルゴール”の鑑定に挑むが――!! 『鑑定』で明かされる探索者たちの冒険譚第3弾! 文庫書き下ろし『あるいは薬瓶でいっぱいのバスケット』『年季の入った遊戯札』も収録!

  • 発売日 :
  • サイズ : A6判
  • 定価 : 本体670円(税別)
  • ISBN : 9784047308008
  • twitter
  • facebook
  • line

「迷宮都市のアンティークショップ」シリーズ

応援メッセージ

ニックネーム必須

ニックネームを入力してください。

メッセージ必須

メッセージを入力してください。

メッセージに不適切な言葉が含まれています

※応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。
※個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは帯や販促物に使わせていただく場合もございます。

ページTOPへ戻る